長崎市・長与町・時津町の合流地点にある整形外科。道ノ尾駅となり。スポーツ、腰痛、膝痛、骨粗鬆症、リウマチ、交通事故、骨・軟部腫瘍、がんリハビリ。MRI完備。クレジットカード利用可。

がんのリハビリって何?

  • HOME »
  • がんのリハビリって何?

がんリハビリとは

目的

がんで体力の弱っている患者さんの回復力を高め、今までと変わらない生活を取り戻すよう支援する事を目的としています。

心のダメージを和らげる

治療によって生じる後遺症や副作用、骨転移による痛みなどで「もう前みたいな生活は出来ないのではないか」とふさぎ込んでいませんか?
がんリハは身体のダメージだけでなく、心のダメージも和らげます

当院の取り組み

このような取り組みは大学病院などの大病院では積極的に行われていますが、まだ多くの開業医では行われていません。
当院では、「このような状況を何とかしたい!」と考え、がんのリハビリに積極的に取り組みます。

がんリハの対象となる患者

がんそのものによる障害

  • 骨への転移による痛みや骨折。
  • 脊椎の転移などによる麻痺。
  • 腫瘍が神経を圧迫することによる痛みや痺れ。

がん治療の過程で生じる障害

  • 放射線や抗癌剤による体力の低下。
  • 腕や脚(四肢)に発生したがんの手術後。
がんリハはいつから始めるの?

がんリハは以下の4つに分類されます。

  1. 予防的 リハビリテーション
    がんと診断されたら手術や治療前からリハビリを開始します。
    後遺症や合併症を予防します。
  2. 回復的 リハビリテーション
    治療後に機能障害などが起きた患者に対してリハビリで回復を図ります。
  3. 維持的 リハビリテーション
    再発や転移があれば、リハビリで運動能力を維持し、筋力の低下を防ぎます。
  4. 緩和的 リハビリテーション
    がんの末期。患者の希望や要望を尊重しながら症状を緩和。
    生活の質が保たれるように援助します。

すなわち、開始時期は「がんと診断されたからです。

「適度な運動」が重要

がん治療中は安静より適度な運動をしたほうが良いと言われています。
体力の低下が防げるだけでなく、身体のだるさが軽くなったという報告もたくさんあります。
すっきりした気分になり、精神的苦痛も軽減されます。

運動療法は、ウオーキングや自転車エルゴメーターで20〜30分間の運動を週3日から5日行うのが理想的です。

詳細はお問い合わせ下さい

当院では、医師、看護スタッフ、リハビリスタッフがコミュニケーションを取りながら、患者様それぞれに合わせたリハビリを行います。
詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
 

095-856-0001

インフォメーション



診療科目
整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、腫瘍科

クリニック所在地
〒851-2127 長崎県西彼杵郡長与町高田郷8番地2

 095-856-0001
 095-856-0008


・長崎バス「道ノ尾バス停」から徒歩2分
・「JR道ノ尾駅」から徒歩1分

駐車場台数 20台

Googleマップで見る

診療時間

平日   9:00~12:30 14:30~18:00
土・木曜 9:00~12:30
※午前の部の受付時間は 12:00 までとさせていただきます。
※日祝日は休診です


PAGETOP
Copyright © 宮田整形外科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.